下水道の水道工事が必要な原因とは

下水道や排水管から水漏れが起こってしまうと、水を上手く流せなくなります。生活が困難になるだけではなく、異臭や衛生面でもあまりよくありません。そこで下水道の工事が必要になってしまう原因について紹介します。原因を知ることで排水管 水漏れにすぐ対応できるようになるでしょう。

■下水道で工事が必要な原因

排水管 水漏れは、部品の劣化で起こる場合があります。これらで使われている部品の寿命は10年から15年程度と言われており、それ以上経過している部品は強度が弱くなってしまい、水漏れの原因となります。
地震や災害など大きい災害があった後も、排水管 水漏れが起こりやすいです。地震の衝撃で排水管が動いたり、傷がついてしまうことで水漏れしやすくなります。排水管と下水道のつなぎ目が損傷してしまうことでも水漏れが起こるため、定期的に確認することがおすすめです。

■下水道の工事を行う時の注意点

水漏れが起こって下水道の工事をする場合、場所によっては注意が必要です。自宅の敷地内は個人で管理するものが大半ですので、自分で修理を依頼します。しかし、公共の下水道で水漏れが起こっている時は、市町村が管理を行っているため勝手に修理することができません。まずは市町村の下水課へ排水管 水漏れが起こっていることを連絡しましょう。見分ける目安は、公共のものは敷地境界線の1メートル以内の地中に設置してあり、自宅と下水道管をつなぐ役割をしています。

■まとめ
下水道の工事が必要になる原因や注意点を紹介しました。排水管 水漏れは定期的に点検を行うことで部品の劣化に気づくことができます。安全に使用するためにも定期的に行うようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ